ノートレースの山、2/23 羊蹄京極コース(1240m迄)
2020.02.23
■報告者名 立田
■山域、山名 羊蹄山
■メンバー 立田、おおちゃん


京極山荘の窓から・・雪原を行く2人・・

漆黒の樹林帯、ノートレースの山をシールを効かせて登る
ヘッデンの灯りが雪面に映え、仲間の灯りが心強い
ノートレースの山はラッセル、ルーファイの労苦は少々あるが、
雪煙を上げる滑降への期待、高揚感がそんなもの吹き飛ばしてくれる
自らの足で標高差1000m以上登り、滑降することにまだ執着したい
大勢の人で賑わう山より静かな山が良い
山深く、懐深く、大きな山、メンバー個々が思い思いのシュプールを描ける山が良い

そんな思いにぴったり合い、毎年必ず通うのが平湯周辺、羊蹄山、蓮華温泉
山スキー100山の過半は既知の山、ルートとなったが、その余白を塗りつぶしていくより、
面白い山は何回通っても面白いと思うようになった
もちろん行きたい山スキー未知の山もたくさんあり、必ずや行くのだろうけど、
脳髄と体に面白さが染み込んだ山々を欠かすことは出来ない

今年の羊蹄合宿は初日(墓地の沢)こそ、大勢の外人部隊に抜き去られつつ先行トレースを辿ったが、
他の3日間はノートレースの山、内2日間は山中で行き交う人も全く無く、
存分に羊蹄山を楽しめ大満足、やはり羊蹄合宿は欠かせない。
さて、御託はこれくらいにして担当である2/23 羊蹄山京極コース(1240m迄)へ

■コースタイム
2020/2/23 風雪 京極山荘430m 7:10発  京極コース1240m迄 10:00-12 山荘10:55
羊蹄合宿3日目は天気予報通り、風雪となった。夜半はゴーゴーと音が響き、風も吹き荒れた。
今年も札幌山の会の川竹氏にお世話になり、快適な京極山荘に3泊させて頂いたが
氏によると荒れる時は山荘の窓から雪原の向こうの林すら見えないこともあるとのこと。
2/23 風雪見込みに挫けて遅い起床、相変わらず意志薄弱、情けない。
だが起きてみれば、風が少々強いくらい、視界も十分ある、森林限界までならノープロブレム。
条件としては悪くないが、風雪を突いて京極ルートに向かったのはおおちゃんと私だけ。
いざ出てみれば平原となっている山荘のあたりは風の通り道なのか、強風だったが、樹林帯に
入れば心地よいそよ風だった。
ラッセルもプチラッセル程度、足元はこの時期本来の羊蹄山ならではのパウダーであり、心は踊る。
標高1000mくらいから疎林となり、徐々に森林限界を抜けて行く。
さすがにここまで上がってくると風雪が容赦無く体を叩く。
それまでは不十分ながらもラッセル交代しながら進んだのだが、いよいよ佳境を迎え
スィッチが入ると、ずっとおおちゃん先行となる。
私のギブアップ投了の声が吹雪にかき消され、届くか届かないかのビミョーな距離を空け、
おおちゃんが先を行く、いつものパターン。
森林限界ラインを超えるとさらに風雪は激しさを増し、視界不良、いよいよ地獄の1丁目へ突入。
1240m、おおちゃんが立ち止まった。
「もういいんじゃない?」と声を掛けるとあっさりと
「そうですね、視界も効かないし」
「あと・・・まで」との押し問答を想定していたが、無論、ウェルカム。
そうなればモタモタなんかしていられない、すぐさま滑降態勢にチェンジ。



視界不良といってもホワイトアウトでは無い、雪面は見える、何よりも足元は極上パウダー。
そこからの滑降は文字通り、雪煙が舞い上がり、浮遊感も味わえる素晴らしい滑降だった。
京極山荘の玄関から天候に関わらずこの素晴らしいショートトリップを楽しめる、
やっぱ最高の環境だな、来なかった人はもったいないことをしたなぁ!
樹林帯もさくさくと快適に滑走し、あっという間に40分、至福のパウダー滑降終了。
川竹夫妻に暖かい京極山荘に迎え入れていただき、体中が凍っていることに気づく、
体を温めながら感謝感激、ありがとうございました!


森吉山
2020.02.22
森吉山

【日程】2020/2/9(日) 天候:風雪
L:菅澤、ふくちゃん、野村、川島、IA、くま(記)
コースタイム:阿仁スキー場ゲレンデトップ9:30―1290m地点―10:15ゲレンデトップ―コース外滑走―登り返し―コース外滑走―14:15駐車場



雪の降りしきる中、阿仁スキー場に到着。長いゴンドラに乗車しゲレンデトップに行くと厳しい風雪が待ち構えていた。早々に撤退してきた人もいる中、樹氷原を登り始める。



1290m地点で撤退。シールをつけたままゲレンデトップまで戻った。



テレマーク山荘から登りなおす案も出たが、そちらは除雪されていないので時間的に滑走は楽しめない。IAさんの案で阿仁スキー場のコース外を滑走することに。たくさん降り積もった深雪を滑り、一度登り返してからまた滑った。

平標山・東谷山 
2020.02.21
平標山     
【日程】2020年1月25日 (土)

L:野村 M:菅澤 加瀬 川島 桐生
                    
24日(金)は民宿へ前泊。加瀬・川島・桐生は15時到着。菅澤・野村は20時到着。5人ともかなりの飲酒後、就寝。

6時起床 食事後7時過ぎに出発。


7:35 火打峠 雪があり除雪終了点までスキーで行けた。

8:00 除雪終了地点
ここから約2時間毎に休憩入れながら登行。快晴で稜線も良く眺めることができた。快適なハイクアップ。「ああ、来てよかったな」

11:35~11:55 山頂で記念写真撮影やら滑降準備やらそして、滑りだす。雪もそこそこあり藪がうるさくても楽しい滑り


14:20 火打峠着 

と、記録上はなんてことない記述にして、次はエピソードを。殆ど記録者の話になりますがご勘弁を。
① 山頂まであと約20分の地点で野村さんが「桐生さん雪の平標初めてでしたら是非一番に行ってみてください」と順番入れ替えて
くれる。しかし、桐生さんは1時間程まえから尋常ならざる大汗をかき呼吸も怪しい状態でとても一番手を保持できず最後尾となる。
② 山頂からは何となく滑れたが藪を見た途端、転倒。
下山までのルートへ少~しいやな予感がしたらしい。
③ 案の定、藪に入ってからは転倒しまくり。
沢右岸を降りる際に沢に向かって転倒、大開脚で斜面に止まる。
よく立ち直ったと思う。心の中で自分を褒めたらしい。
④ 先行し休んでいる菅澤さんに後ろから思い切りスライディング!
菅澤さんの身体を全身で受け止める。
後続の川島さん加瀬さんに、どうしたの?と聞かれ
「休んでいた菅澤さんが急に後ろに倒れこんできたんです」
全員爆笑。菅澤さんが一番笑っていたような。
⑤ 他エピソード
川島さんが妙な恰好で木に絡みついていました。新しい関節技みたいな恰好でした。
 加瀬さんも途中転んだような気配があったがよくわかりません。 私も倒れていたので。
 野村さんのフォームを真似して滑ると転ぶのがわかった。
 菅澤さんのタバコ休憩の数がいつもより多く
とれたようだ。
⑥ 林道が見えた時は本当にありがたかった。全身筋肉痛になったようでした。ただの筋トレ?痛くないのは耳くらいでしょうか。

明日もあるんですよねえ。

東谷山       
【日程】2020年1月26日(日)

昨夜に懲りてお酒は少々にしたのは私だけ? 早く就寝
6:30起床し準備して7時過ぎに出発
7:25 貝掛駐車場を出発


そこから適時休憩取りながら上を目指す。天気も快晴。稜線が見えて気持ち良いのは昨日と一緒。「来てよかったな」とは昨日ほどは思えない。身体痛いし。
9:15~9:55  1075M地点尾根
川島さんがザックの中で紅茶がこぼれていることを発見し大騒ぎ。おかげでゆっくり休憩となりとても有難い。
登ってきた藪の密度に少したじろいで内心「早く下りたいな」などと思っていたが表情には出さない。
野村さん菅澤さん加瀬さん協議の結果、これ以上上に行っても雪少ないし労多くしてなんとやら、ここから下りましょぅということになる。 「やった♪」と快哉するが表情には出さない。


この下りについては推して知るべし。昨日の報告から想像してもらえば…その通りです。

「桐生さん、よく頑張ったねえ」
良い会に入ったなあ。楽しかったなあ。また行きたいなあ。

                                   文:桐生
                                  写真:川島

- CafeLog -