ナルミズ沢
2020.09.05
【日程】2020年9月5日(土)~9月6日(日)
【山域】谷川
【山名】ナルミズ沢
【天候】曇り時々雨
【作成者】近堂
【メンバー】L近堂、松澤、サトシン、上原
【コースタイム】9/6 宝川温泉駐車場7:00-幕営地15:00 9/7 幕営地7:00-宝川温泉駐車場12:30

YSD沢登り隊による1泊紀行第2弾となります。
今回は、沢登りで有名なナルミズ沢へ行って来ました。

今回は、前日までの天気もあまり良くなく、
増水した際には、徒渉できなくなる等の
情報もあり、実際に遂行するか迷っていたのでが、
当日朝の天気と徒渉点の様子を見て判断する事と
しました。

前日に、道の駅みなかみ水紀行館へ移動しました。
軽く宴会をした後に、車中泊をして宝川温泉へ移動。

宝川温泉駐車場は、午前7時に出発しました。

写真1 いざ出発


ナルミズ沢は、とかく本流への移動が長いという事でしたが、
徒渉点までは比較的楽に到着しました。いざ、徒渉点
の様子は、全く平和そのもの増水のかけらもありませんでした。
なので、川に到着したので、今回のもうひとつの目的である
釣りをする事としました。

早速、テンカラ釣りを主とする上原さんが小物を一匹釣りあげます。
私は、今回はミミズを用意していたのですが、一晩放置していたら
ミミズは、この暑さで全滅していました。やはり、冷蔵庫等で
保温しないと駄目なようです。仕方ないので、死んだミミズで
私も釣りに興じます。なかなか釣れない中、別パーティが到着しました。
場が荒らされそうなので、いったん竿をしまって広河原まで移動
する事としました。

ここから、今回の幕営予定地の大石沢の出会いまで釣りをしながら
移動する事とします。

写真では伝わりづらい所もありますが、ナルミズ沢は非常に明るくて
綺麗な沢です。

写真2 ナルミズ沢と釣りの様子





今回は、幕営地まで通常に行っても昼ぐらいに到着する予定である為、
のんびりと釣りが出来ます。

そうして進んでいくうちに、大石沢の出会い近くまで来たため、
幕営地を探します。ちょっと小高い丘の上で幕営適地を発見。
下には、焚き火をした後もあり、通常使われているような幕営地を
今回の幕営地としました。釣り果は、上原さんが食べられそうな
岩魚を2匹ゲット、餌釣りの私は坊主、改めてテンカラ釣りの威力と
すごさを実感しました。
幕営地では、タープと焚き火の準備を班に分かれて進めます。
夕食は、上原シェフによる、アヒージョと、麻婆茄子です。
山での本格的な料理は絶品ですね。特に、釣った岩魚の
アヒージョは最高でした。
その後焚き火をしながら、宴会です。

写真3 幕営地、焚き火



翌日は、朝日岳を経由する予定でしたが、朝食準備をしていると
雨が降って来ました。雨では、せっかくの天国の詰めも楽しめそうに
ないので、急遽予定変更して、釣りをしながら下山する事としました。

今回の山行は、とても綺麗なナルミズ沢での釣り行と、幕営と
焚き火を実施出来てとても有意義でした。朝日岳への詰めも残っています
のでまた、山行を計画しようと思いました。

山行ログ

釜ノ沢(東俣)
2020.08.08
【日程】2020年8月8日(土)~8月9日(日)
【山域】奥秩父
【山名】釜ノ沢(東俣)
【天候】晴れ
【作成者】近堂
【メンバー】L桐生、川島、サトシン、近堂
【コースタイム】8/8 道の駅みとみ駐車場7:00-幕営地15:00 8/9 幕営地7:00-道の駅みとみ駐車場17:30

本年立ち上がったYSD沢登り隊です。
日帰りの、真名井沢、水根沢を経ていよいよ
沢にて1泊する釜ノ沢東俣へ行って来ました。

前日に、道の駅みとみへ移動して車中泊をして
午前7時に出発しました。

西沢渓谷への道を行きながら、まずは釜ノ沢を目指す。
といきなり道間違い、西沢渓谷へ着いてしまう。
西沢渓谷への道は、道路崩壊しているようで途中まで
しか行けなくなっている様子でした。

道を戻り、いざ本流へ、合流しました。


写真1 いざ出発

本日は、待ちに待った梅雨明けの土日とあって、パーティ数も
多い。3~4パーティくらいが常に周りにいました。

釜ノ沢東俣は、旧登山道という事もあり、途中までは山道を
進みます。


写真2 ここが有名なホラノ貝のゴルジュ

有名なホラノ貝のゴルジュを登山道の上から覗けます。
ここを突破するパーティもいるようですが、非常に難しそうでした。

途中までは、長いゴーロ道を進みます。途中に、乙女の滝や、東のナメ沢が
あり景観は素晴しいです。途中二股があり、いざ釜ノ沢方面へ


写真3 綺麗でもあり少し怖い場所

進みます。すぐに魚留めの滝が現れます。ここは、桐生リーダの
本領発揮。巧みにリードして、後続を引き上げます。
その後は、かの有名な長いナメが現れます。素晴しい景観です。


写真4 長いナメ写真1、写真2

その後は、幾つかの滝を超えて両門の滝へ。
両門の滝も2つの滝が同時に流れ出てきて、まったく飽きさせません。
この辺りの素晴らしき景観と、難しいところが無い所が、この沢の人気
を高めていると実感出来ます。


写真5 両門の滝

両門の滝を上がると、幕営適地に出ます。本日のパーティがちらりほらりと
幕営準備をしている中で、我々はもう少し上の方を探します。
適度な場所があり、幕営場所が決まりました。


写真6 本日の幕営場所

サトシンさんが、ノコギリを持ってきてくれ、頑張って焚き火準備をしましたが、
木が若干湿っていた為か、途中まで勢いよくついた火も気づけば消えていました。
夕食は、川島シェフの野菜の肉巻きです。程よい疲労と、味のしみついた肉が
ちょうど良く1キロの肉はあっという間に完食しました。その後はあっという間に
就寝。

翌日は、朝5時ぐらいに起きて、出発。
途中昼寝に程よい滝の上部で、昼寝しました。


写真7 昼寝にいい場所

最後の滝を巻き道で上がった所で、ピンクのリボンがあったが、しっかりとした
踏み後のある良さそうな道があったのでそちらを選択した。と、この道下からは
良さそうに見えたが、登っているとだんだん高度感が出て岩も脆い非常に危険な
コースとなってしまいました。何とか、安全地に出るも、リカバリでトラバース
するのも大変そうなので、取りあえず上へ上へと進む事にします。
この道最終的には、木賊山の山頂へ出ましたが、途中の藪漕ぎは段々険しくなり
最後は結構つらい物となりました。


写真8 だんだん濃くなってくる藪漕ぎ

その後、往復ちょっとの距離なので、私だけ単独で、甲武信ヶ岳山頂へ。


写真9 甲武信ヶ岳山頂

その後は、長ーい下り道がまって、ようやく登山口へ。
YSD沢登り隊初の泊まり沢旅は、アクシデントあり、景観あり、盛り沢山の内容
となりました。最後の道間違えも、険しい道でしたが、記憶、記録に残る山行と
なりました。


山行ログ
葛葉川本谷
2020.06.21
【日程】2020年6月21日(日)
【山域】丹沢
【山名】葛葉川本谷(700メートル付近林道まで)
【天候】曇り
【作成者】上原
【メンバー】上原(登山学校参加)
【コースタイム】葛葉の泉駐車場9:00-700メートル林道付近12:00

 ロープワークなどの勉強を兼ねて登山学校の沢登り教室に参加してきました。ハーネスを付けた経験が,これまでジムで2・3回経験したのと,昨年の劔長次郎谷スキーの1回のみで,自身の確保に必要なロープワークもおぼつかない状態だったことが問題意識としてあり,参加しました。

 基本的に巻き道は使わず,2,3度ロープ確保をしていただきながら登りました。巻き道を確認しながら,沢靴でのフリクションのきかせ方を伺ったり,アドバイスをいただきながら楽しく登れました。急傾斜の巻き道は,場合によっては水線通しよりも墜落時に危険な場合があることや,いつロープを出し,どこで出さない判断をするのかが沢だと難しそう,ということが学びでした。実際,一番不安に感じたのが急傾斜の土の斜面を林道に上がる場面でしたが,一般登山道では出合わない気づきもあって,勉強になりました。
沢の難易度としては,一番簡単な1級の谷でしたが,暑い時期の楽しみを新発見できたのと,これからオートルートほか,ロープワークが必要になる可能性がある山行の為に,継続的に沢登りを続けていければと思いました。YSD釣り部始動に向けて,モチベーションが上がった1日になりました。

- CafeLog -